2017年2月22日水曜日

ピンクシャツデー


みなさんは「ピンクシャツデー」をご存知ですか?


ピンクシャツデーはカナダで発足したものです。

カナダの学校にピンクのシャツを着てきた男の子が
「男なのにピンクのシャツを着ている」と、いじめを受けました。
それを見た人が「それはおかしい」と翌日ピンクのシャツを学校に配り、
活動に賛同したまわりの人達もピンクのシャツを着て、
学校中がピンク色に染まったというエピソードです。

そこから2月の最終水曜日は「ピンクシャツデー」とし、
ピンクのシャツを着て、
「いじめ・差別」について考えよう・なくそうという活動の日で、
今では世界中で行われています。




当日キッズでは「ピンクの洋服をきてきたよー!」や
「ピンクのヘアゴムつけてきたんだよ!」と
積極的にピンク色のものを身につけてくれる子がいました。



キッズで「ピンク色のハート」と「水色のハート」の紙を用意し、
ピンクの紙には「お友だちにされて(言われて)嬉しかったこと」
水色の紙には「お友だちにされて(言われて)悲しかったこと」
をみんなに書いてもらいました。





書いてもらったハートの紙を掲示して
「自分がしたことは相手には嬉しいことだったんだ」
「自分のしたことは相手には嫌だったんだな」と気付いたり、
改めて自分自身の行動を考えたりするきっかけになればと思います。









矢部小学校放課後キッズクラブ  林