2017年10月19日木曜日

出来たらカッコいいジャグリング!

10月ジャグリングプログラムの報告


ぱぴこリーダーがキッズの活動中にお手玉を見つけて何人かにジャグリングを教えたところ、少し出来そうだったので10月はジャグリングの練習会を行いました。

まずは1個だけ持って投げる練習です。
「頭の上の高さまで投げてごらん」と説明をすると「ぴゅーん!」と高く上がりすぎたり後ろや前に飛んでいってしまったり...
「難しい!」と言う子も多かったですが、何度も練習して少しずつ上手になります。



2個目になると途端に難しくなります。「右、左」とタイミングをずらして左右の手の球を反対側の手に投げるのですが、ついついお手玉遊びのように1個投げた後に残りの球を反対の手に渡してしまいます。



「お手玉はできるよ!」と頑張っている子もいますが、3個のボールを右、左、右、左・・・と交互に上に投げていくので、少しやり方が違うのです。
お手玉遊びに慣れている子どもたちは2個目がなかなか上に投げることが出来なくて苦労していましたが一緒に練習し続けるとだんだんと上手になっていきます。

3年生以上になると体の使い方や感覚が発達してくるのか、比較的早く3個目に挑戦出来て、何回か続けて出来たり、片手で2個投げることが少し出来るようになった子もいました。

今回のプログラムは低学年には少し難しい内容でしたが、子どもの頃に様々な体験をすることで多くの事に興味を持つきっかけになるかもしれません。
「キッズに来ていたからこんなことが出来るようになった!」
「キッズにいってやりたいことがある!」
低学年の子や高学年の子にもそんな風に思ってもらえるキッズクラブにしていきたいと思います。
リーダ―も一緒に頑張っています!


<矢部小学校放課後キッズクラブ 菅原 歩>