2019年3月14日木曜日

クラブフェスティバル準備①竹取り



3月9日(土)竹工作プログラムご報告




クラブフェスティバルで使う竹を取るため、谷矢部池公園の竹林に行ってきました。
今回出展するブースではSDGsの中から4つのテーマを選びました。
行く前にはまっちゃリーダーがSDGsについて説明。
すこしむずかしい話もあったかな?




公園ではいつもお世話になっている「ぷらっと谷矢部」の方々にご協力いただきました。
高学年の子は実際に竹林のなかに入り、竹を切り出す作業を行いました。
自然の中は楽しいけれど、危険がたくさん。
ヘルメットとめがねをして、安全にも気をつけました。







公園遊びの前には公園内のゴミ拾いもしました。


みんなで地球に住み続けられるように、みんなで地球のものを使い続けられるように、ひとりひとりができることを考えて協力していこうね。

今回切った竹を使って、当日矢部小キッズはゲームコーナーを行います。15日にはルールなど細かいことを決め、形にしていく予定です。どんなものができるかな?わくわくするね。みんなで協力して、素敵なクラブフェスティバルにしていきましょう☆
 

 


<矢部小学校放課後キッズクラブ 山本 美波>

2019年3月6日水曜日

いちごがり


おでかけプログラム いちごがり


3月2日(土)はいちごがりに行ってきました。
9時にキッズを出発し、下飯田駅から約10分、「まだかな、早く着かないかな」「早く食べたいから頑張って歩く!」とみんなでわくわくしながら歩きました。

上級生を中心に4グループに分け、主にグループで行動をしました。電車内では「かばんは前に抱える、大きい声は出さない」と自分たちで注意をし合い、お行儀良く電車に乗ることができました。いちごがりの最中も、グループで行動をとりました。上級生を先頭に、4種類あるいちごの食べ比べをしたり、「赤いいちごがおいしい」「先っぽの方が甘い」「小さいほうがおいしいかも?」と情報を共有しながら楽しんでいました。








ビニールハウス内に蜂さんがいて驚く子どもたちの姿も。「蜂さんがいちご作りを手伝ってくれているんだよ」というリーダーの説明を受け、こわばった表情も少し楽になったようです。

いちごがりの時間が30分間ということもあり、時間を気にしながらの行動もしっかりとできていました。普段の生活では見られないような、子どもたちの頼もしい一面も見ることができました。

帰り道は、「疲れた」と呟く1年生もいましたが、いちごパワーで全員無事にキッズまで帰ってくることができました。

帰り道には、「また来年も行ける?」と質問があるぐらい楽しんでもらえたことが嬉しかったです。今後も楽しいお出かけプログラムを企画していきたいと思います。


 <矢部小学校放課後キッズクラブ 山本 美波>

2019年3月4日月曜日

3月活動予定

3月プログラム予定


6日(水)避難訓練 当日全員参加
7日(木)しっぽとり鬼ごっこ 当日自由参加
☆11日(月)~13日(水)工作:紙皿フリスビーづくり
☆20日(水)YMCAプール体験会
☆23日(土)バレーボール体験会
☆27日(水)クラブフェスティバル
☆クラブフェスティバル事前準備
①9日(土)竹工作
②15日(金)高学年会議

☆に関しては事前申し込みが必要です。
詳しくはキッズニュース3月号をご覧ください。
プログラムはお子様とご相談の上、申し込みをお願いいたします。

今年度も残り1か月となりました。
少しずつ暖かい日も増え、春を意識出来るようになってきましたね。
4月からは新しい1年生も入ってきます。みんなも1つ学年が上がり
お兄さん、お姉さんになりますね。
頼もしい姿がたくさん見れることを期待しています。

残り1か月、楽しい思い出をたくさん作りましょう!
3月もよろしくお願いいたします。
<矢部小学校放課後キッズクラブ 山本 美波>



2019年2月28日木曜日

ピンクシャツデー


ピンクシャツデーの取り組み


2019227日(水)はピンクシャツデーです。
みなさんは 【ピンクシャツデー】をご存知ですか?

ピンクシャツデーとは…
2007年、カナダの学生2人から始まったいじめ反対運動です。


ある日、ピンクのポロシャツを着て登校した少年が「ホモセクシャルだ」といじめられました。それを聞いた先輩2人が50枚のピンクシャツを購入、インターネットで「明日、一緒にピンクのシャツを着よう」と呼びかけました。翌日学校では呼びかけに賛同した数百名の生徒がピンクのシャツや小物を身につけて登校。学校中がピンク色に染まり、いじめが自然となくなったそうです。

このエピソードはSNS等で世界中に広まり、今では70か国以上でいじめに反対する運動が行われています。カナダで最初にこの出来事があった日が、2月の最終水曜日でした。それ以降、2月の最終水曜日に私たちもいじめについて考え、いじめられている人と連帯する思いを表す1日としています。

 
矢部小キッズではこの日にむけて2月最初にこのお話の紙芝居を掲示し、
子どもたちに読んでもらいました。


 次に自分が言われて(されて)嬉しかったこと・悲しかったことを書き出し、
壁に掲示しました。普段自分がなにげなく言ってしまったこと、行動が
お友だちを傷つけていることもあるということを通し、当日に向けて
いじめについて考えるきっかけになってくれたらと思います。


当日はいじめについて考え、自分たちが考えたことを書き出して掲示しました。たくさんのお友だちがいじめや差別を許さないという素直な気持ちを書いてくれました。






【ピンクシャツデー】という特別な日だから ではなく、日頃から常にいじめについて考え、なくす意識や取り組みを行っていきたいと思います。
当日「ピンクの服を着て来たよ!」「ピンクのハンカチ持ってきたよ!」という声もたくさん聞くことができ、キッズにもピンク色があふれていました。
賛同してくださった方々、ありがとうございました!

<矢部小学校放課後キッズクラブ 山本 美波>

2019年2月4日月曜日

2月活動予定

2月になりました!


早いもので、年が明けてから1か月が過ぎました。体調を崩してしまってはいませんか?2月も元気にキッズに遊びに来てくださいね!

2月実施予定プログラム
★2月2日(土)バレーボール体験会
★2月5日(火)1~3年生百マス計算
★2月6日(水)4~6年生百マス計算
★2月14日(木)英語であそぼう
★2月18日(月)~22日(金)工作:メッセージカード作り
2月27日(水)ピンクシャツデー

★がついているプログラムは、参加申し込みが必要です。
また、プログラムは天候や学校との都合により変更・中止となる場合があります。

2019年1月26日土曜日

防災プログラム


消防士さんが来てくれました!


126日(土)に、防災プログラムを行いました。
戸塚区の鳥が丘消防の方に来ていただき、消火器の使用体験を行ったり、消防車に乗せていただいたりと楽しみながら学びました。


消火器は水消火器を使用し、使い方を教えていただいてから実際に水を出しました。最初は「重そう…」と見ているだけだった子どもたちも、挑戦してみると「意外とかんたん!」と驚いていました。これで消火器の使い方はばっちりですね!



 消防車に乗せてもらいました。
消防車のなかでは小型だったようですが、水が900リットル入っているそうです!また、小回りもできるので、細い道でも通れるそうです!頼もしいですね!

ホースの先端です!これだけでも重い…
消防士さんが着ている服も着させてもらい、とっても貴重な体験ができました。消防車はピカピカで、毎日点検・整備している準備の大切さが伝わってきました。


 最後は消防士さんに地震のお話をしていただきました。
「地震があったときどうする?何を持って逃げる?」という問いかけには、
「携帯」「まんが」「お金」など子どもたち思い思いの回答が。
消防士さんのお話を聞いた後はしっかり「食べ物が必要だ!」と自分たちで必要なものを考えられるようになっていました。


地震や火事が起こってしまった後では遅いです。
日頃から訓練をし、万が一に備えておくことがとても大切ですね。
子どもたちも、今回学んだことを活かし、たくましく成長してほしいと思います。


鳥が丘消防のみなさん、貴重な体験をありがとうございました!
<矢部小学校放課後キッズクラブ 山本美波>

2019年1月23日水曜日

チューブプレーン


1月の工作【チューブプレーン】を行いました。


チューブプレーンとは、折り紙で作る紙飛行機とは異なり、細く切って丸めた画用紙を2枚、ストローにくっつけて作る紙飛行機です。


まずは画用紙にお絵描きをして、自分のオリジナルを作っていきます。
よく折り紙で紙飛行機を作っている子どもたちは、紙飛行機と聞いてわくわくした様子です。



見た目は「これが飛ぶのかな?」と疑問に感じる形ですが、飛ばしてみるとよく飛びます!子どもたちも作った後は校庭で飛ばして飛距離の競争をしたりと、たくさん飛ばして楽しんでいました。



危ないので人に向けては飛ばさないでね!
この工作は121日(月)~25日(金)まで行っています。
参加申し込みをされている方は、忘れずに参加してくださいね!


インフルエンザ等、風邪や病気が流行しています。
元気に過ごすためにも、手洗い・うがいを忘れず、たくさん食べてたくさん寝て、たくさんキッズで遊びましょう!
<矢部小学校放課後キッズクラブ 山本 美波>